welcome to http://sheenanmmo.blog25.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 どっちが悪人なのやら 

 日頃の狩りが必死すぎて、SSがほとんどない件。

 前からそうですが、飛天の場合、周辺のmobを集めに集めて、範囲で一気に狩るという戦闘なのですよ。
 まあ、集めすぎなければ余裕なんですが、そんなの面白くないということで、集めれるだけ集めて狩るもんだから、余裕がない。
 余裕がないのでSSも撮る暇がない。
 気がついたら、道士30きて法衣着れてました。
 そしてこのたび傭兵も30になりまして、職業クエしてきました。

 傭兵の職業クエは、20の時が、傭兵団長?のシジェンというキャラを尋ねていき、そこで戦闘になって、シジェンと一緒に3人の敵を戦うわけですが、シジェンを守りつつ戦わねばなりません。
 傭兵の技で、挑発、というのがあり、自分にタゲを向けるわけですが、この戦闘が始まると既にシジェンさんフルボッコ状態でHPが残り3割とか、どないせぇと。
 慌てて挑発したけど、挑発って単体なんだよねー。
 挑発の上位の嘲笑あれば、周辺のmobタゲ一気に集められるけど、挑発ディレイの合間にシジェンさん死んだし。
 でも戦闘続いて、終わった時に…
クエ失敗
 うむ、どこかおかしい日本語。
 ?の使い方間違ってるんですが、この後「死んでお詫びをします!」とか言って、血煙吹いてその場に倒れ、気が着いたら瀕死で長陽の回生場所にいました…。

 シジェンいる場所雲夢とか遠いのに、また1からかよ!!
 はい、2回目は最初から挑発しまくりで無事勝てましたよ。
 シジェン相手に回復きかないのが辛いけど、なんとか無事終わり、この度傭兵30になったので、そっちのクエもしてきました。

 この職クエはそれぞれストーリーがあって、このときに襲ってきた敵キャラがらみのストーリーになるのですが、奪われたものを取替えして来い、という任務を受けます。
 そして怪しい一味を見つけて戦闘になるのですが…戦闘に勝つとこうなります。

俺…
 どっちが悪者でしょう。

 りーなんのすぐ横にいるのが、悪者のボス?みたいなキャラなのですが、それを捕らえて、手下たちに「こいつの命が惜しければ、奪ったものを返せ」と言い、手下たちが「やってみろ」と言うと、持ってる武器でボコン、とボス?を殴る自キャラ…。
 おいおい、どっちが悪人かって聞かれて、この場を見ただけの人なら迷わずこっちが指刺されそうですよ。

 そして無事に奪われたものを取り戻すのですが、「お前らにも仲間を思う心があったんだな」とか、なんて鬼なんだ、自キャラ。
 いい味してるけれど。

 飛天をはじめる時にあった、質問、あの答えがクエによって答え方変わる場合があるとか、前に聞いたことあるんですが…これもその影響あったりするのかなあ?
 前の時も同じように妖魔の道を選んだ気がするので、違いがわからないや。

 うむ、まあ、黒かろうが鬼であろうが、30クエも終了。
 晴れて鎧装備を他職でも着れる様になったので、早速着替えて久々に武術家のレベルあげに行きました。

コボルトー
 まだ余裕だった頃に1枚SSが…。

 レベルが33ということで、コボルト狩りを。
 でも外じゃ余裕だったので、この後ジョガ内に行きました。

 ええ、そこではちょっと必死だったのでSSなかったっす。
 八脈でHP伸ばして嘲笑して逃げ回って、とHP瀕死になって師弟合掌が何度出たことやら。
 つか、師匠ともども、合掌狙いで回復遅れ気味なので、ピンチになることが何度あったでしょうか。

 いやー、でもやっぱ武術家は楽しいね!
 敏捷振りで回避高いので、痛くないし!
 いやまあ、さすがに嘲笑でタゲ集めた時は危なかったりもしますが…。
 
 今度こっそり撮影してみるかな…。
2008/08/22 | 01:26
飛天コメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © あっちこっちMMO All Rights Reserved. Powered By FC2. 
(C)2008 GONZO ROSSO.K.K./HUDSON SOFT All right reserved.
株式会社ゴンゾロッソ及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。